ARTIST アーティスト紹介

HOME > ARTIST

作品案内図.pdf

iwama.jpg
*制作写真

岩間 賢 | SATOSHI IWAMA
作品 : 月出創生計画/ 蔵風得水

月出の山からあつめる月の雫
月の雲をつかむ術を先人からの知と技から学ぶ
月出の暮らしの中にある感幸
月の光を守る竹林を再活し生命の環の中で踊る
観月のためにつくる月出工舎


略歴:
1974 年千葉県生まれ。これまでに場と人との対話を生み出す作品を多数発表。
東京芸術大学博士過程修了後、文化庁芸術家在外研修員として中国にて創作研究を行う。
近年では、大地の芸術祭や中国ビエンナーレ他で国際的に活動。
本芸術祭ではディレクターとして創ること・生きることの拠点「月出工舎」を設立。
HP : www.oh-mame.com

oka.jpg
*制作写真

岡 博美 | HIROMI OKA
作品 : 光がつくる世界
プールに潜り、水中から見上げる光の世界。
あるいは、水に浮かんだまま見る空と緑。
泳いでいることよりも思い出すのは、そんな記憶の中の景色。
水の張られていないプールの中に光と影、空と緑の世界をつくる。

略歴:
1976年三重県生まれ。染工房「呼吸-kokyuu-」を京都造形芸術大学大学院在籍中に設立。
2004年に同大学院芸術表現専攻修士課程修了。
染織技術を活用したインスタレーションや平面作品を国内外で多数発表。
また、藍染を中心とした天然染料の研究をおこなっている。


shiotsuki.jpg
*制作写真

塩月 洋生 | YOUSEI SHIOTSUKI
作品 : 月出工舎
月出という里山の暮らし、そこに寄り添い生きてきた人々から、生きる智恵を学び、伝え、生み出すところ。
今回の改修では、主に藁と土を使って制作。主食であるお米とともにある「藁」は様々な生活の道具や建築の材料として利用されてきた。この「食」と「住」をつなぐ素材を通して、私たちの暮らしを見つめ直したいと考えている。

略歴:
1973年宮崎県生まれ。宇都宮大学卒業。
在学中より舞踏公演の屋外舞台設計・製作に携わる。
ストローベイル建築と出会い、2006年に食と住と人をつなぐ「はさ掛けトラスト」立ち上げ、岐阜県白川町に移住。2011年より自邸の設計に着手。
HP :  http://kusumu.web.fc2.com


cyouhashi.jpg
*制作写真

チョウハシトオル | TORU CHOHASHI
作品 : 火処
「かまど」は、隆起した大地であり、そこから昇る煙は空へとつながる。
本来、人は自然の中で生かされてきた存在であるが、合理性が優先される現代において、
自然との関係を感じる機会は少なくなってしまった。
そこで、「かまど」という日本に古来から伝わる調理道具・調理行為を通じて
自然との関係”について考える機会を与えたい。

略歴:
1979年神奈川県生まれ。多摩美術大学卒業後、デザイン事務所に勤務。
出身地神奈川県での独立を機に、地域の方との出会いを求めてやきいも日和を設立。
古き良き日本の食文化である「焼き芋」を継承するとともに、現代にマッチした新しい焼き芋を表現している。

HP : www.yakiimo-biyori.com


hoo.jpg

風景と食設計室hoo
作品 : 朗読と食事の公演「月出る処、今と昔」
10名の参加者が部屋の中央にある大きな円卓に座ると、
遠い昔に遡り「1杯の水」から始まる。
月の団子は高い所、山の動物は皆で頂く。米は時を物語る。
参加者は、1時間の食事の中で流れゆく月出の風景に介入する。
HP : www.hoo-tsukide.tumblr.com

略歴:
高岡友美と永森志希乃によるユニット。2012年3月より活動。
ʼ遠くの風景と、ひとさじのスープ。世界とわたしの手のひらは繋がっているʼ をコンセプトに、食を風景・文化・社会の切り口から捉え、その時その場所でしか体験できない食のインスタレーションを展開。
HP : www.hoooooooooooo.tumblr.com


tanaka.jpg
*制作写真

田中 奈緒子 | Naoko Tanaka
作品 : Die Vorstellung /内なる外界
影は不思議な存在だ。見えるのに、触ることはできない。
それは物質と非物質の間にあって、様々な境界線をつないでみせる。
巨大なメトロポールのすぐそばで、広大なゴルフ場の狭間で、かつて通学路であった道端で、
私は、私たちが置き去りにしてきたものたちに出くわし、影を媒介に、
忘却されていく世界との対話をする。

略歴:
1975年東京生まれ。ドイツ、ベルリン在住。
東京芸術大学大学院美術研究科修士過程修了後、1999年デュッセルドルフ芸術アカデミーへ留学。
造形芸術と舞台芸術が深く融合したパフォーマンスやインスタレーションを多数発表、
欧州各国のパフォーミングアート・フェスティバルにて公演を行う。
HP : www.naokotanaka.de


takemura.jpg
*制作写真

竹村 京 | Kei Takemura
作品 : May i open the book? /この本開いてもいいですか?
旧月出小学校に残されていた写真には、自分の生きてきた中でみたことのあるような風景があった。
ドイツで見つけた古い写真の中の小学生たちと重なる風景の中にうつくしい瞬間を残そうと試みた作品をつくる。

略歴 :
1975年東京生まれ、DAAD、ポーラ美術振興財団、文化庁芸術家在外派遣、吉野石膏芸術振興財団からの助成を受け、2000年よりベルリン在住。
東京芸術大学坂口寛敏研究室、ベルリン芸術大学ローターバウムガルテン研究室修了、シドニービエンナーレその他国際的に活動。
HP : www.takemurakei.com


xiao.jpg
*制作写真

萧 鸣 | XIAO MING
作品 : 経幢
経憧とは唐から宋の時代に中国全土で多く見られた建造物である。
月出での滞在制作を通じて、活気で満ちていた頃の学校の記憶や情景を取り入れ
古来から大切にされてきた麻をつかった3体の塔とインスタレーションを制作。
薄れていく当時の様子を想い、新たな月出がはじまっていくことを願う作品をつくる。

略歴 :
1981年中国北京生まれ。中央美術学院修士課程修了。北京をはじめ、山東、内蒙古、深圳などで自然界の事象を取り入れた公共彫刻を制作。
近年では、独自の多様な視点で土着的な地域文化や風習を調査し、彫刻やインスタレーションを多数発表。